「カール」の販売中止、エリア限定販売に想う事。

先月明治のカール好きには衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

今まで全国販売だったカールの販売を西日本のみの販売にすると発表されました。

8月には生産を終え、9月には東日本の店頭からなくなっちゃうとの事。

これからは四国の松山の工場の一か所のみで製造し、輸送コストの抑えられる西日本のみの販売になります。

私、カールなんてもうかれこれ20年くらい食べてないのでは?

大人になって食べた記憶がないな・・・。

ただ、カールの味や食感は忘れてません。

よく歯を使わず舌と口内の上部を使って潰して食べてた記憶が(汗)

そしてカールを食べ終わると、歯にたーっくさんカールの残骸が残って、あれ取るのがまためんどくさいく、歯にも悪そうなお菓子だったんですよねぇ。

基本歯にくっつく系は嫌いー。

スポンサーリンク

久しぶりに買おうとスーパーで探してみる

うちの子供たち、カールは当然の事食べた事ないと思ったら、長女はお友達の家で頂いた事があるようです。

ただ、普段のおやつで食べないから子供たちは馴染みのないものなんですよね。

久しぶりに買ってみるかとスーパーで探しても、どこにも売ってない。

カールのコーナーすらないんですけど!?前までよく見かけてたんだけどな。

やはり、東日本販売停止の発表があったから皆買い占めた?

それとも私と同じように懐かしくなって食べたくなった?

販売停止、解散、引退に共通して言える事

なんで人って限定ものや残り僅かに弱いんだろう?

そして販売停止が決まってから、皆ばたばたと買いだす。(私も含め)

普段からもっと親しんでカールを食べてたら、東日本販売停止なんてならなかったのにね。

好きなアーティストや芸能人の解散、引退なんかもそう。

終わりになってから、もっとライブに行っておけば良かった。もっと応援すれば良かった。と後悔しちゃいがちだけど、それなら時間とお金が許す限り行ける時に行こうよ!応援しようよ!と思っちゃいます。

こういう悔しい思いを沢山してきました。悔しいー。

確実に値段が高騰してる・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする