義理チョコなんてなくていい。

ハッピーバレンタイン♪

2月14日はバレンタイン。

今年も子供達と一緒に友チョコを作りました。

お菓子作りは私自身あまり好きではないので早く自分達で作れるようになるといいのになぁ。と毎年思ってしまいます。

私が子供の時は友チョコの存在がまだなかったのでお父さんと弟にあげるくらいだったのでいつもスーパーで買ってました。

スポンサーリンク

義理チョコの必要性

今年チョコレート会社のゴディバが「日本は、義理チョコをやめよう。」という広告が出て少し話題になってました。

内容を割愛すると、日本の女性たちはバレンタインデーが休日だとホッとする。誰にあげるか考えたり、準備の為のお金も大変だから。そもそもバレンタインは純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性たちは「義理チョコ、ムリしないで」と言ってあげてくださいというもの。

これは男性に向けての広告。

ゴディバがこんな事言って大丈夫?と思ったけど、ゴディバを義理チョコで渡す人はそういないから言える事なんだろうなと思いました(笑)

2流、3流チョコ会社はバレンタインが一番のかきいれ時だから決してそんな事は言わないですよね。

ただ、義理チョコムリしないでというより、もういっそうの事会社から「義理チョコ禁止令」なるものを出してくれた方が助かりますよね。

ほんとに好意で義理チョコあげたい人だけにあげればいいと思います。

私も好きな人には義理チョコ渡してました

私が働いてた会社はバレンタインに義理チョコを渡す風習っていうのもなかったので一切悩みはなかったです。

大好きなおっちゃん上司にだけあげてました(笑)

あとは男友達と当時好きだったバンドマンにライブ後出待ちしてあげたりしてました(痛い過去)

自分チョコが大盛況

昨日の新聞記事に載ってたんですが、松屋銀座が実施したアンケートによると自分用に買うチョコの予算が昨年より500円アップの3994円らしいです(驚)

普段は節約するけど、バレンタインだけは出費を惜しまず楽しむそうです。贅沢ですね~。

昨年の流行語にもなったインスタ映えの影響もあるらしく、チョコも写真映えするものが多いとか。

私はもう写真映え関係なく、それだけの予算でチョコ買ってもいいならフルタのセコイヤチョコ大量買いしたいです(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする